秋も続ける?紫外線対策

夏に紫外線対策するっていう人は多いですよね。でも秋は!?本当に必要?
まずは、なぜあなたが紫外線対策するのか考えてみてください。

 

  • シミをつくりたくない
  • 美白したい
  • シワになりたくない
  • 老けたくない
  • 肌が黒くなりたくない

 

ひとつでも当てはまるなら、秋も紫外線対策は必須。
というのも、肌にとって秋は意外に危険な季節なんです。

秋の紫外線が危険な理由

夏に紫外線が気になるのは、確かに紫外線量が1年で最も多く、「サンバーン」に注意が必要だからです。
海などで焼くと「やけど」みたいになってしまう日焼けですね。
でもその他の紫外線によるリスクはほぼ1年中あります。しかも油断しがちですが秋は特に要注意です。

 

秋は意外に紫外線量が多い

1年で比較すると、みんなが日焼け止めを塗ろうかなと考え始める春と同じくらい。
真夏と比較しても40〜70%の量になります。

 

秋の肌は弱っている

夏はどんなに紫外線対策しても肌ダメージはつきもの。
その夏のダメージに加えて、乾燥してくる秋は肌がとても弱って、健康的なサイクルでなくなっていることが多いです。
そんな肌が無防備に紫外線を浴びたら、夏以上に悪影響は避けられません。

 

シミ、シワの原因になるUV-Aに注意が必要

肌をジリジリ焼くUV-Bよりも、1年中降り注いで肌の奥深くに蓄積ダメージを与えるUV-Aのほうが、シミやシワには大敵です。
光老化といって、皮膚の老化はその人が浴びた紫外線量で8割決まるとも言われています。
油断していたら、一気に老け顔の原因に!

シミもシワも作らない!秋の紫外線対策のコツ

もちろん、夏と同じ対策を継続するならそれはそれで効果があります。

 

でも、日焼け止めは肌に悪いとか、敏感肌、乾燥肌だからこれ以上肌に負担をかけたくないという人なら、飲むタイプに頼ってみるのがおすすめ。

 

秋に飲む日焼け止めを飲むメリット

  • 飲むだけで簡単、続けやすい
  • 弱った肌の負担にならない
  • UV-Aによる老化など、肌の中で起こるダメージに効果がある

 

特におすすめなのが美肌成分配合のタイプ。乾燥しがちな秋の肌にも作用して一石二鳥です。
また、夏にできたメラニンをそのままにしておくとシミになります。
秋の弱った肌は正常に生まれ変われなくなっているため、ターンオーバーの促進効果があるものも、美肌作りに有効です。