メリットたくさん!内服・錠剤タイプの日焼け止めに大注目

お肌に紫外線が悪いのは今や常識!
特に春から夏にかけて、紫外線対策をすることは当たり前になっています。

 

日焼け止めも様々なタイプが出ていますが、そんな中今大注目されているのが内服タイプ・錠剤タイプの日焼け止めです。
女性だけでなく、男性や子供の紫外線対策としてもジワジワ人気が出始めています。

 

人気の秘密は、今までの日焼け止めにはなかったメリットがたくさんあること!

 

肌に塗らないからストレスフリーで肌荒れが気になる方も安心!白浮きもないし、汗にも流れません。

 

そんな内服・錠剤タイプの日焼け止めの実力と、なぜ焼けないのか?という疑問について、愛用者の視点からご紹介します。
おすすめも紹介しているので、ぜひ見ていってくださいね。

 

先におすすめを見る方はこちらから!
>>目的別!内服タイプ日焼け止めのおすすめ<<

内服・錠剤タイプの日焼け止めって?

その名のとおり、内服することで紫外線対策する、錠剤状の日焼け止めです。

 

もともと海外で人気があったものが、日本の皮膚科で紹介されるなどして、少しずつ浸透していきました。
最初は海外製のものが多かったのですが、ここ数年で日本製のものも多くなり、安心して選べるようになっています。

 

焼けない仕組みと実力は?

簡単にいうと、日焼けするときに体の中で起こるメカニズムに働きかけます。

 

日焼けするとき、体の中では細胞の酸化が起こっています。これをブロックしよう、という仕組みです。

 

抗酸化物質って聞いた事がありませんか?
細胞の酸化を防ぐ働きのある成分です。

 

内服タイプの日焼け止めには、この抗酸化物質が含まれています。
このため、内服して紫外線対策することができるんです。

 

本当に焼けない!?実力は?

これは何種類も今まで内服タイプの日焼け止めを試してきた私の経験からお話しますね。

 

実際、内服タイプの日焼け止めを使いだしてからは、夏の終わりの日焼け具合が変わり、感動でした
そう感じたので、シーズンごとにいろいろなタイプをためしてハマっています。

 

ただ、ひとつ注意があります!
内服タイプだけで絶対焼けないわけではないということです。

 

紫外線は肌表面にも刺激を与えます。
色々試した結果、内服タイプを使いながら、日焼け止めを塗るのがベストな選択だと感じています。

 

私は今まで紫外線の刺激で肌がひりひりしたり、かゆくなったりすることも多かったのですが、内服タイプをプラスすることでそういったことがなくなりました。
内服する分、塗るほうの日焼け止めを軽めのものに変えられたのも良かったのかもしれません。

 

内服タイプに危険性・副作用はないのか

内服とか、錠剤というと、このポイントは気になりますよね。
でも安心してください。

 

抗酸化物質は、トマトなどにも広く含まれている成分で害はありません。

 

内服タイプの日焼け止めには、より実験で効果が認められた素材から抽出した成分が使用されていますが、原材料は多くが食品。
トマトをはじめグレープフルーツ、ローズマリーなどです。

 

元々食卓に並ぶものなので、副作用もありません。
#

内服タイプの日焼け止めはこう選ぶ!おすすめは?

内服タイプの日焼け止めは今やたくさんの種類が出ています。
「飲んでみよう!」と思っても、どれが良いのか、選ぶのが難しいくらいです。

 

私のまわりでも、これから飲んでみたいという方が多く、何がおすすめか相談されることが増えました。
そんなときはいつも、この3つのポイントを聞いておすすめを選ぶようにしています。

 

  • どのくらい紫外線を浴びるか
  • 希望の価格
  • 美容目的があるか

 

内服タイプの日焼け止めも、塗る日焼け止めと同じで、まず値段も様々。成分も種類があって、最近では美白効果やシミへのアプローチを狙ったものまで、多種多様なんです。

 

ここではそんな目的別に、私が試した内服タイプの日焼け止めからおすすめを紹介します。

 

基本の内服タイプの日焼け止めを賢く始めたい!という方

日常的に紫外線を浴びる方で、コスパも重視したいならメディパラソル がおすすめ。

 

 

4種の植物由来成分配合で、実力がありながらお値段も財布に優しいのが特徴。私も通年飲んでいるのがこれです。基本的な内服タイプの日焼け止めなので、一番多くの方におすすめできるタイプです。

 

>>公式サイトはこちら

 

>>商品紹介記事はこちら

 

とにかく紫外線を浴びる!という方

仕事の都合で一日中外にいる方や、今年は海外で思いっきり泳ぐ!など、紫外線を大量に浴びるという方におすすめなのはインナーパラソル16200 for UVです。

 

 

「圧倒的な成分配合量」が売りの内服タイプの日焼け止めです。通常購入だと1袋7,000円と若干お高いですが、定期購入を選べば初回990円から試せます。(ただし3回以上の継続購入がお約束です)

 

>>公式サイトはこちら

 

>>商品紹介記事はこちら

 

美白、美肌も目指したい!という方

日焼け止めのついでに美白や美肌も狙いたい方におすすめなのがエルシーノです。

 

 

美白専門コスメブランドの日焼け止めで、L-シスチン配合。特にシミに悩む方は、公式サイトの口コミをぜひチェックしてみてください。

 

>>公式サイトはこちら

内服タイプの日焼け止めを上手に活用しよう♪

内服・錠剤タイプの日焼け止めのメリットやおすすめについてお伝えしました。
その魅力に興味を持っていただけたらうれしいです。

 

内服・錠剤タイプの日焼け止めを活用することで、紫外線対策はもっと楽に、もっと安心になります!

 

ぜひ、今年は取り入れてみてはいかがですか♪