知ってる?防げなかった紫外線までブロックする、飲む日焼け止めの効果!

私も最初は「飲む日焼け止めってどうなのかな〜」と疑っていたのですが、日焼けのメカニズムや紫外線の害、塗る日焼け止めの落とし穴などについて知るうちに、「これは試してみたい!」と思ってはじめるようになりました。

 

「飲む日焼け止め」って、まだまだ口コミなど少ないんですよね。
それは最近出てきた成分や商品が多いからだと思います。
私の場合は、理屈を知って納得してはじめた感じです。

 

私なりの「飲む日焼け止めを選ぶ理由」をまとめてみましたので、是非参考にしていただけたら嬉しいです。

その1:紫外線の害は「焼ける」だけじゃない!肌の老化が怖かった

日本人は、「赤くなってから、いつも黒くなる」タイプ、「少し赤くなって、簡単に黒くなる」タイプ、「すぐに赤くなって、ほとんど黒くならない」タイプが多いんだそうです。
私はどちらかというと「いつも黒くなる」タイプ。夏になると「焼けた?」って言われるのが嫌でした。

 

それで紫外線についても調べていたのですが、もっと怖い!と思ったのが、「肌の老化」
紫外線を浴びるほど肌は老化して、なんと老化の原因の80%が紫外線!だそうです。
これが本当に怖いと思いました。

 

老化の原因になるのが、紫外線の中でもUVA。これは一年中部屋の中にも届きます。
部屋の中でも日焼け止めを年中毎日塗るなんて無理・・・でも飲む日焼け止めならストレスがないな、と思ったのがひとつの理由です。

 

紫外線と肌の老化について紫外線がいけない本当の理由!

その2:肌が弱いこと

 

大人になった今ではマシになりましたが、小さい時はアトピーで親にも心配をかけました。
乾燥肌だし、俗に言う「ゆらぎ肌」。よく肌荒れします。

 

今はSPF50などでも、うるおいタイプとうたっている商品などありますが、やっぱり次第にかゆくなったりするのが悩みでした。
夏は特に、ひじの内側など汗もかくからか荒れやすく、トラブルが絶えません。

 

飲む日焼け止めは100%紫外線を防ぐものではないですが、肌への負担ゼロで紫外線のダメージを軽減してくれるのは私にはかなりありがたいと感じました。
同じように肌の弱い方には、特におすすめです。

 

日焼け止めの肌へのダメージについて日焼け止めは肌に悪い?のホントとウソを徹底解説!

その3:塗る日焼け止めだけでは紫外線は防げないから

 

日焼け止めを塗れば、紫外線は防げるものだと当たり前のように思っていました。
SPFやPAの表示についてもなんとなくは知っていましたが、表示通りの効果を得るにはありえない量塗らなくてはいけないというのは知らなくて、驚きました。
塗る日焼け止めだけでは不安だと思ったのも、飲む日焼け止めをはじめた理由です。

 

塗る日焼け止めの必要量について日焼け止め選びの間違い、こんなケアでは足りない!

他にもある!飲む日焼け止めを選ぶ理由

大きなところで3つあげてみましたが、他にも「飲む日焼け止め」でないとできないことは色々あります。

 

塗りにくい部分のケアまでできるし、強いものをぬらなくていいからメイク崩れもマシになりました。あと、意外に嬉しいのが「さりげなく」紫外線対策できるということ。

 

特に夏は紫外線ってほんと怖いのですが、ずっと手袋をしていたりするのも、場合によってはまわりの人に気を遣わせてしまうことも。
そんな場面でも、飲む日焼け止めならスマートに対策できるのでいいです。