やっぱり中身が重要!飲む日焼け止めの有効成分をチェック

様々な商品が発売されている、飲む日焼け止めサプリ。

 

実は商品によって含まれている有効成分がまったく違い、その種類も様々です。

 

日焼け止めサプリで一番に重視したいのはその中身!どんな成分が入っているのかは大切なポイントです。

 

そこで、現在販売されている飲む日焼け止めの有効成分5種類の、効果や副作用、それぞれの特徴をまとめました。

成分@ニュートロックスサン(NutroxSun)

国産の飲む日焼け止めでは一番有名なのがこのニュートロックスサンです。

 

一度は名前を聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。

 

ニュートロックスサンは、スペインで10年以上かけて研究、開発された日焼け止め成分。
シトラスとローズマリーの抽出物です。

 

食用のものが原材料なので、安心して飲めるのがポイント。副作用も特にありません。

 

ただ、シトラス(柑橘類)が含まれているので、飲み合わせに注意が必要な薬を服用されている方は、気をつけてください。

 

ニュートロックスサンの効果は、紫外線による細胞のダメージを減らし、日焼けさせないようにすること。

 

活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

 

これはアンチエイジングにもつながります。

 

ニュートロックスサンは数値的な効果がしっかり実証されているのもポイント。

 

なんと約60%と言われています。

 

高い紫外線防止効果で、多くの飲む日焼け止めに採用されているのも納得です。

 

この成分が含まれるサプリ:ホワイトヴェール


成分Aフェーンブロック

海外製の飲む日焼け止めの元祖の有効成分がこの「フェーンブロック」。

 

ヘリオケアに使われていることで有名です。

 

フェーンブロックは「ポリポデュウムリュウコトモス」という別名もあります。

 

実は前者は商標名で、後者が成分自体の名前です。

 

原材料はシダ科の植物。

 

熱帯地方では昔から治療に用いられていた薬草だそうですが、一部副作用の報告もあり注意が必要です。

 

ニュートロックスサンと同じく、体の中で抗酸化作用を発揮することで日焼けを防ぎます。

 

この成分が含まれるサプリ:noUV(ノーヴ)


Bメロングリソディン

あまり有名ではありませんが、医療分野での研究から開発された抗酸化能力を持つ成分です。

 

原材料は、南フランスで栽培されているヴォークルシアン種という特別なメロン。(写真左のメロン)

 

通常のメロンの3〜4倍腐りにくく、7倍の抗酸化酵素が含まれています。

 

抗酸化酵素(SOD)は、元々人間の体の中にもあります。

 

ですが、年齢と共に減少し、日焼けや老化の原因となる活性酸素の除去が追いつかなくなります。

 

メロングリソディンは抗酸化酵素を増やし、体内に強力な抗酸化システムを作ります。

 

結果、細胞を日焼けによる酸化から守り、老化を防ぐ働きもあるんですね。

 

原料はメロンですし安心です。副作用の報告もありません。

 

これから注目の日焼け止め成分だと思います。

 


Cレッドオレンジコンプレックス

イタリア、シチリア産の3種類のレッドオレンジから抽出された成分が、レッドオレンジコンプレックスです。

 

この成分が配合されている飲む日焼け止めはあまりありませんが、優れた紫外線保護作用を持っています。

 

データによると、15日間摂取することで紫外線による肌の損傷を30%低下させた報告があります。

 

他の成分と比較しても、15日でこの数値は早めに効果があらわれると言えるレベルだと思います。

 

効果の仕組みは他の成分と同じく、レッドオレンジコンプレックスが高い抗酸化作用を持っていることです。

 

柑橘類が原材料のため、ニュートロックスサンと同じく薬の飲み合わせに気をつけなければならない方は注意が必要です。

 

この成分が含まれるサプリ:メディパラソル


DOlivex(オリベックス)

Olivexはオリーブ由来のポリフェノールです。

 

抗酸化作用はビタミンCの約10倍。

 

これが日焼けから肌を守ります。

 

更に、仮に日焼けした場合でも、Olivexを飲んだ場合1ヶ月後の色素沈着が大幅に減ったというデータもあります。

 

肌がコラーゲンをつくる力をサポートする力もあり、お肌に嬉しい成分です。

 

こちらも原材料は食用のオリーブで、副作用は報告されていません。

 

この成分が含まれるサプリ:メディパラソル


どれを選ぶべき?おすすめの成分は?

飲む日焼け止めの有効成分5種類について紹介しました。

 

なじみやすいのは食品が原料の4種(ニュートロックスサン、メロングリソディン、レッドオレンジコンプレックス、オリベックス)ではないでしょうか。

 

すべての成分に共通するのは、抗酸化作用によって体の中で日焼けを防止するという点ですが、普段食べるものから得られる効果なら安心ですよね。

 

紫外線対策にサプリをはじめるなら、是非、有効成分にも注目して選んでみてくださいね。